【V系】ヴィジュアル系バンドのおすすめ曲をまとめました!【ライト層のあなたへ】

お世話になりますXi藤です

ヴィジュアル系。V系。これ、よくないですか。

耳でも目でも楽しめるって、まさにエンタメの宝石箱、いわば日本が誇る文化遺産ですよこいつぁ。

この記事では、そんなヴィジュアル系バンドのおすすめ楽曲を紹介します!

「なんとなくこれまでV系にはあまり触れてこなかった・・」というライト層すぎるあなたに、是非見て聴いて欲しい! です!!!

「ライト層向けV系」なので、できるだけ曲調はPOPなものを選抜してます。おどろおどろしいデスボイスを期待した方はごめんね!?

ちなみに、あまりに有名で、紹介しても無意味っぽいバンドは除いてます!!

が、「いやこれ全然有名やろアホ?」というのも全然混ざってると思う! これもごめんね!?

では、どうぞ!

V系 おすすめ曲1.キズ「豚」

とにかく歌詞が辛辣!!

そして、対照的に楽曲はとってもPOP!!

なんというかバンドのビジュアルは割といつもダークネスなんですけど、意外と音作りは王道的というかJ-POP寄りという感じなので、全体的にぼくのようなライト層にも馴染みやすいバンドだな! と理解しています。

「キズ」としてデビューが発表された当時、ボーカル・来夢が所属していた前バンド「LEZARD」と、キャラが180度変わったことでも話題に。

ちなみにベースのユエがイケメンすぎる。

V系 おすすめ曲2.DIAURA「Noah」

とにかくクセが強い現代のヴィジュアル系シーンにおいて、古き良きヴィジュアル系楽曲を生み出し続ける稀代のバンド「DIAURA」の代表曲。

ビジュアルも含めてまさに「ザ・ビジュアル系」といった感じ。バンドのコンセプトが全然ブレず、どの曲もハズレなしです。

どこにだしても恥ずかしくない、新世代ビジュアル系の代表格でしょう。

後はドラムの達也がとにかくイケメンすぎる。化粧なしでも確実にイケメン。にくいやつだぜ。

V系 おすすめ曲3. FEST VAINQUEUR「カルマ」

ヴィジュアル系バンドにも関わらず「関西色を前面に出す」という、ある意味で斬新なバンド。

エネルギーに溢れた開放感のある楽曲、そして伸びやかなボーカル、さらにはメンバーの演奏力も秀逸です。

というかヴィジュアル系バンドって、なぜか全般的に演奏力高めな気がする。

ちなみに、 「FEST VAINQUEUR(フェスト バンクール)」の前身のバンドとも言える「Sincrea(シンクレア)」時代の楽曲もめちゃくちゃにクオリティが高いので、よかったらそちらも。

 

現在バンドは活動休止中となっていますが、2019年中の復活が予定されています。

ちなみにギターのI’LLがバチボコにイケメン。

V系 おすすめ曲4.シド「アリバイ」

一躍メジャーバンドの仲間入りを果たした「シド」。

今ではビジュアル系というよりかなりJ-POP寄りの楽曲が多くなっていますが、元々インディーズ時代は現代風「昭和歌謡曲」が特徴のバンドでした。

「アリバイ」の他にも、「私は雨」、「紫陽花」、そして「妄想日記」など名「歌謡曲」が多くリリースされています。

まじで名曲が多い。そして、ベースの明希がとにかくなんかエロい。

 

V系 おすすめ曲5.摩天楼オペラ「落とし穴の底はこんな世界」

ボーカル・苑の歌声が最高に美しく重厚で、とてもヴィジュアル向き(?)。

メタル出身者が多い事もあり、楽器隊の演奏力も確かなもの。

重く、美しく、奥深い、ヴィジュアル系バンドの真髄が凝縮された一曲です。

というか名前がとにかく中二的でカッコよすぎる。

 

V系 おすすめ曲6.ナイトメア「アルミナ」

現在は活動休止中ですが、活動全盛期には全国のバンギャを狂喜乱舞させたV系バンド「ナイトメア」。

なかでも、「アルミナ」のメロディー透明感と美しさは、数ある名曲の中でも群を抜いています。

メロディアスな「頭サビ」と、曲全体を締めるドラムの軽快なリズムが、きっとあなたの心を鷲掴みにする!

あとは、「仙台貨物」もよろしくな!

 

V系 おすすめ曲7. AIOLIN 「 Orpheus」

ヒカリト(Vo/Gt/Vn/Pf)を中心に悠(Gt)、レイス(Ba)、Seiya(Dr)の四人で結成された4ピースヴァイオリンラウドロックバンド。

ヒカリト(Vo/Gt/Vn/Pf)。かつ、作詞、作曲から編曲までヒカリト。

明らかにヒカリトは働き過ぎだし、確実にやべえやつ(誉めてる)。

楽曲は「ヴァイオリン×バンドサウンド」がコンセプトということもあり、表題曲もかなりクラシック調で荘厳な仕上がり。

「王道なんか知るかよ」、という新世代感がとにかくすごい。

今後も注目のバンドです。

V系 おすすめ曲8. ViViD「夢」~ムゲンノカナタ~

2015年に惜しまれつつ解散したバンドViVIDのメジャーデビューシングル。

疾走感に溢れた楽曲のクオリティもさることながら、とにかくヴィジュアルのキラキラ感がエグかった。

シングル曲のほとんどが「頭サビ」というのもバンドの特徴になっています。

「アイドルに近い」とか言うと謎の勢力から怒られそうですが、ぼくが初見の時、あまりのキラキラ感に「まじでやべえやつらが出てきた」と衝撃を覚えた記憶があります。(どこ目線かは謎です)

解散は非常に残念な結果ですが、ボーカルのシンが、2017年にソロデビュー。こちらも大注目。まじ美しい。

V系 おすすめ曲9.Acid Black Cherry / Black Cherry

「Janne Da Arc」のボーカル・yasuのソロプロジェクト「Acid Black Cherry」のセカンドシングル。

ジャズ調のアップテンポながらどこか哀愁が漂うメロディーが特徴で、yasuの歌声の美しさが最大限に活かされた名曲です。

しかしながら、現在はyasuの頚椎損傷により、活動休止中。

書いてて思ったんですけど、僕が紹介するアーティスト、解散とか活動休止とか多すぎないか。

まとめ:ヴィジュアル系は、“いい”

書いてて思ったんですけど、最高に楽しかった。

やっぱりヴィジュアル系は、”いい”。

なぜなら、ぼくの中二心を最高に刺激してくれるからです。V系=中二病という側面、割とある。

ちなみにぼく個人の話で言うと、会社の二次会等のカラオケで、よくDIR EN GREYの「脈」という曲を全開で熱唱して、キレイにどん引きされるという習性があります!!

よろしくお願いします!!

などとか言いつつ、ぼくも完全にV系ライト層なのは間違いないので、

「いやこのバンドの曲知らんとか人生5兆倍損してるやろアホ?」

とかいうのがもしあれば教えて下さい! 正座して聴くので!

ではまた!

最新情報をチェックしよう!
広告